インテリアの総合商社・内装仕上工事 株式会社高野
株式会社高野ロゴ 株式会社高野
 サイトマップ  お問い合わせ
 電磁波シールド「シールドプロテクターeWS工法」について
内装工事により電磁波を99%カット、情報漏えい対策に効果的です!
シールドプロテクターは、電磁波を99%シャットアウトする壁紙などの内装材です。壁や床、開口部などの内装工事を実施することにより、電磁波の影響を受けないシールドルームを作ることができます。
サーバーなどの情報機器から漏れる微弱な電磁波や無線LANによる情報漏えい防止や、外部電磁波から精密電子機器を保護することを目的として、大学の実験室や大手メーカーの開発室、企業のデータセンターなどで多数の施工実績があり、今後も各企業などでの需要が見込まれます。

シールドプロテクターeWS工法についての詳細はこちらから
お問い合わせ・お申込みはこちらから
電磁波による健康被害について
2011年5月31日、WHOの専門組織「国際がん研究機関(IARC)」は「無線の電磁波によるがん発症の可能性」に関する報告書を公表しました。

評価グループの委員長は、根拠となる各種データを検討した末、発がん性リスクの度合いが5段階中3番目の「2B」に相当するとして、携帯電話とがん発症の因果関係について今後も注意深く見ていくと語りました。ただ、「2B」は発がん可能性があるという分類の中では根拠が弱いレベルで、物質のほか、職業としても消防士やドライクリーニングの従業員などがこの分類に指定されています。

メールなどの文字を打つ形での携帯電話の使用は、発がん性との関連はないそうですが、音声通話の際は長期的な人体への影響を考えるならば、イヤホンを使うなどの予防策を取ったほうが良いそうです。

私たちの身の回りでは携帯電話の電波の他にも様々な電磁波が飛び交っています。
送電線等がそばにある場合にはその方面の壁に対してシールドプロテクト工事を行うことも可能です。

シールドプロテクターeWS工法についての詳細はこちらから
お問い合わせ・お申込みはこちらから

  利用規約    プライバシーポリシー    お問い合わせ